予算内で婚約指輪を購入しよう|円高を狙う

1着に絞れない人向けに

ウーマン

ウェディングドレスと言ってもデザインが色々あり、1着に決めきれない花嫁も多いでしょう。披露宴は挙式と違って白でないといけない、という決まりはないので2着目を白にするのも大いにアリです。そんな場合でも自分の好みだけでなく、体形や会場の雰囲気なども考慮して選びたいものです。

More Detail

将来を約束する指輪

笑顔の男女

婚約指輪を購入する場合、将来手に入れる結婚指輪とは全く異なるタイプの指輪を買うと良いでしょう。それによって二つを使い分けられるのです。また銀座のショップで婚約指輪を選ぶ際は、必ず鑑定書をつけてくれるお店で買いましょう。

More Detail

費用を抑えるなら

指輪

お手ごろのものとは

婚約指輪を購入する際に、予算のことが気になるため、諦めるという人も少なくはないのですが、いくつか工夫しておくと、安く買えます。まず、海外のブランドものの婚約指にするのなら、円高を狙っておけば、多少は安く手に入りますし、大阪に住んでいるなら、府内のデパートに行って探すと格安の場合があります。大阪の中でも、婚約指輪を売っている店舗が密集しているような地区に行ってみる、というのも効果的で、ライバルが多いということは、それだけ生存競争が激しいわけですから、他店よりも安くしようと努力している確率が高いです。このように、安く手に入れる方法がいくつもあるため、婚約指輪を用意するカップルが増えていくのかもしれません。

石の選び方

婚約指輪といえばダイヤモンドを選ぶ場合が多いのですが、カラー、カラット、カット、クラリティで価値が決まっています。一般的に透明に近い方が高くなり、最高ランクのものになると、とんでもない値段になります。大阪の中でも置いているお店は限られてくるのでしょうが、それよりもランクを落とせば、つまり黄色に近い色のダイヤモンドにしておくことで安くなります。大きくなるほど値段は上がりますが、小さいものをいくつか組み合わせておけば、金額を抑えつつ、見た目が豪華にできます。デザインや不純物に関しても同様に、多少ランクを落としたとしても、それほど粗悪な石になるわけではないため、大阪のお店に予算を告げて、相談しておきましょう。

結婚にまつわる指輪

リング

結婚指輪とは、夫婦としてこれから一緒に歩んでいくという決意のあらわれを形にしたものです。定番の素材であるプラチナやゴールドの他、チタンや木など個性的なものもあります。また、近年では二人だけのオリジナリティー溢れる結婚指輪が増えてきており、今後はさらに個性的な指輪が増えると予想されます。

More Detail